僕は王道を往く教習車

スペンサッーCB400SFに乗る学生雑記です.最近ゴミ(スーパーカブ)を買いました(ご満悦).淫夢要素はナッシング

GO割崎ツー&日帰り用ホムセン箱淫プレ

 

窓シコに飽きたので初投稿です。

 

 

 

先週は大寒波で路面が一時雪まみれでしたが週末になって

 

晴れ間がさし、日曜日には最高気温が8度ぐらいまで上がりそうやん。

 

ツーリングいきませんか?いきましょうよ~

 

てなことで前日の夜に行き先を一様決めるも主催者が

 

誰なのかわからないままいつもの南海部品に集まりました(池沼)

 

 

 

今回の目的地はcorocoma兄貴の名案の元、県北にある神割崎を目指しまスゥゥゥ…

 

f:id:TodayM:20170124190445j:plain

 

行きは高速ワープは使わずに,海沿いのワインディングを楽しみながら北上。

 

道中、突如発生した雨雲君が目的地へ我々と一緒に現地集合しようとしている

 

ことがわかりやべぇよやべぇよ…と思いながらも女川周辺まで来た頃には

 

雨雲君はホモに恐れをなして消え去りました。めでたしめでたし(昔話)

 

この中に絶対晴れ男がいますね…クォレハ(確信)

 

 

GO割崎

酷道398号線は路面上に融雪剤ブッチッパ+工事車両が運んできた糞(土や砂)だらけで

 

集団ホモチリに合いそうでしたが、無事到着。*1

f:id:TodayM:20170124191340j:plain

f:id:TodayM:20170124191448j:plain

f:id:TodayM:20170124191535j:plain

この看板に書いている神割伝説の話を簡単に要約をするとこうだぞ!

 

昔々2つの村の境にくじら君が打ち上げられる。2つの村はそのくじら君を巡って

 

取り合いになり戊辰戦争勃発。人間の屑がこの野郎…

 

それを見兼ねたGO(絶対神)がパパパッとやって(岩に落雷)…終わりっ!

 

という伝説が残る岩です。はぇ~すっごい神秘的

 

 

この看板から少し降りていくと

f:id:TodayM:20170124194024j:plain

あ り ま し た

f:id:TodayM:20170124194126j:plain

f:id:TodayM:20170124194207j:plainf:id:TodayM:20170124194231j:plain迫真の潮吹き(直球)(ホモガキ並の発想)

 

少々波が荒く足場も一部濡れており危なかったですが,

 

いい景色を見るのにリスクはまぁ多少はね?(探究心)(パンチラの定理)(再確認)

 

さて腹減ったなぁ(唐突)

 

この辺にィ、レストランあるらしっすよ

 

じゃけん今すぐ行きましょうね~

 

レストラン神割

 

f:id:TodayM:20170124222848j:plain

すぐ近くのキャンプ場に併設されているレストランへ向かう。

 

f:id:TodayM:20170124195947j:plain

キャンプ場は冬場はやっていないようですが

f:id:TodayM:20170124195635j:plain

 レストランは土日営業しているそうだやったぜ。

 

 

 

 

 

 

 

受付兄貴「臨時休業日です。」

 

あ ほ く さ

 

でもやってないんだから仕方ないね(レ)

 

この後他でご飯を食べれそうな場所を探し、「ちょこっと」という

 

お店を尋ねるも、閉店時間ギリギリで駄目な模様.

 

アンニュイ先輩状態の我々へちょこっとの店主姉貴から近くのホテルに

 

日帰り客も利用可能なレストランがあるという情報を受け、そこへ向かうことに。

 

ホテル観洋

f:id:TodayM:20170124202539j:plain

少し走り海沿いのホテルへ流れ着いたホモ御一行。

 

このように屋根はないですけど2輪車専用の駐車スペースがあるホテルでしたゾ

f:id:TodayM:20170124202930j:plain

 はぇ^~海の幸が堪能できるんやな

 

じゃ僕はこれぇ

f:id:TodayM:20170124203040j:plain

ハンバーグセット(1300円)

 

細目兄貴はシーフードカレーを注文しましたが他の3人(海鮮要素は)ないです。

 

これこそ食通だな!

 

味の方ですが普段コンビニ弁当ばかり食べているのでそれ以外なら何でも美味しいと

 

言えてしまうので参考になりませんが美味しかったです(雑魚食レポ)

 

f:id:TodayM:20170124204624j:plain

f:id:TodayM:20170124204750j:plain

リアス式海岸特有の景色が見える見える…

 

この後はご飯も食べて,満喫したので凍結する前に仙台に帰還です.

 

道中色々面白そうなものがあったので機会があればまた行きてぇな~

 

あと今回走ってる途中で納車されてからの走行距離10,000km走行完了です...

 

当日,一緒に走った細目兄貴,corocoma兄貴,kドンキーコング兄貴

ありがとナス!

 

 

増箱しました

前回の記事に書いたホムセン箱ですが、RV600は日帰り用にしてはデカすぎるッピ!

 

ということであの記事を書いてから早速買ってきました(神速)

f:id:TodayM:20170124210831j:plain

おなじみのアイリス箱BL-13.

 

早速つけて見ましたが

f:id:TodayM:20170124211002j:plain

お分かりいただけるだろうか。箱が前に来てしまい背中当たってしまうのだ。

 

僕のSF君のベルトを着ける場所はタンデムステップとウィンカー手前のフックのみで

 

その関係上どうしても前に来てしまう。

 

んじゃこれぇ(2回目)

f:id:TodayM:20170124211644j:plain

いつもの2りんかんでぐるぐるしていたら発見

 

f:id:TodayM:20170124211813j:plain

ナンバープレートのボルト部分にPON着け。

 

これで純正のフックより後ろの方で固定でき,背中部分が圧迫されることが

 

なくなりました。いいゾ~(ご満悦)

f:id:TodayM:20170124212506j:plain

前半記述したツーリングで本格的に使用しましたが

 

やはりこのサイズが日帰りツーの際は,アーサイコサイコ…

 

RV600は,背中に当たらなくても存在感の主張が強すぎて,箱が空っぽでもリアが重い

 

イメージが頭へインプットされ、なんとなく動きずらいイメージが有りましたが

 

BL-13はそんなことはなく、心理的余裕が生まれ何より後ろから見たときの

 

見栄えが最高に良い(独特のセンス)。容量も使って見ると結構入るから驚きゾ。

 

 

しかし今回のツーリングの帰りに途中蓋が開いてしまう珍事件発生。

 

恐らく蓋を閉め忘れてしまったのが原因だと思われるますが

 

高速でまた発生したら大惨事不可避なので対策を施す必要ありですね…クォレハ…

 

 

*1:景色や道自体は悪くないゾ